「どんな道具をそろえればいいの?」キャンプ初心者が持つべきアイテム8選

「どんな道具をそろえればいいの?」キャンプ初心者が持つべきアイテム8選

「どんな道具をそろえればいいの?」キャンプ初心者が持つべきアイテム8選

キャンプがしたい!でも、一体何から揃えたら良いのか分からない。調べてみても数が多すぎて、どれを買えば良いのかも分からない。キャンプを始める時に、誰もが最初にぶつかる疑問だと思います。また、キャンプ道具を全て揃えるとなると、出費もそれなりになりますよね。買ってから後悔したくもありません。

私自身、安くて良いものを!の精神で、これまで色々なアイテムを使ってきました。そんな中から、初心者キャンパーさんにオススメのアイテムを紹介していきたいと思います。

 

【ポップアップテント】

 

初心者 おすすめ テント ポップアップテント

 

キャンプ場に着いてまず最初に行うのがテントの設営。簡単そうにみえて、かなり時間が掛かる作業です。お昼にキャンプ場に着いたのに何時間も設営に掛かって遊ぶ時間が無くなったなんてことになりかねません。でも、ポップアップテントなら袋から出して広げるだけ!ペグダウンの時間を入れても数分で設営が出来るんです。

特に私のオススメはQuechuaの2secondsシリーズ。設営撤収が簡単なのはもちろんですが、耐水圧2000、風圧50km/hという仕様で、実際台風の日でも耐えることができました。

→「QUECHUA (ケシュア) キャンプ ポップアップテント 2 SECONDS XL FRESH&BLACK – 3人用」の商品ページはこちら

 

【ヘキサタープ】

初心者 おすすめ タープ ヘキサタープ

テントの次はリビングスペースとなるタープです。様々な種類がありますが、最初に買うならヘキサタープがオススメです。タープの中でも設営撤収が簡単で、過保護張りや小川張りなど色々なアレンジも楽しめます。

→「コールマン タープ XPヘキサタープ/S 2000028619」の商品ページはこちら

 

 

【ロールテーブル】

 

初心者 おすすめ アウトドア テーブル ロールテーブル

折りたたみテーブルやチェア一体型などもありますが、コンパクトに収納出来るので私はロールテーブル一択です。キャンプ道具を揃えると、いくら軽量コンパクトなものでまとめてもかなりの量になります。何も考えずにいると車に積みきれないなんて事態にも。ロールテーブルは収納すると次に紹介するアウトドアチェアと同じようなサイズになるので、テトリスのように車載する時に助かります。

→「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ バーベキュー用 机 アルミロールテーブル トラッド SM-3765」の商品ページはこちら

 

 

 

【アウトドアチェア】

 

初心者 おすすめ アウトドア 椅子 アウトドアチェア

最近はロースタイルのキャンプが流行っていますが、虫が苦手な私はハイスタイル派。アウトドアチェアにゆったり座って、自然の中でお酒を飲むのが大好きです。そんな時に欠かせないのがドリンクホルダー付のチェアです。ホルダーがあるのと無いのでは大違い。お酒だけでなく小物入れとしても重宝します。

→「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドアチェア パレットラウンジチェア type2 ドリンクホルダー付 折りたたみ椅子 キャンプ用品」の商品ページはこちら

 

 

【火起こし名人】

 

初心者 おすすめ 折りたたみ火起こし器 火起こし名人

キャンプと言えばバーベキュー(BBQ)ダッジオーブンなど、炭を使ったアウトドア料理ですよね。でも、炭おこしってなかなか難しい。私も最初の頃は着火剤を使ってもなかなか炭火がつけれず、気がつくと辺りが真っ暗になっていました。そんな時に出会った救世主的な存在です。この中に着火剤と炭を入れて火をつけておけば、あとは何もしなくても炭がおこせるという優れもの。炭おこしに慣れてない方は使ってみてください。

→「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー用 折りたたみ 火おこし器 炭焼き名人」の商品ページはこちら

 

 

【インフレータブルマット】

 

初心者 おすすめ アウトドア マット インフレータブルマット

テント内で寝る時の必需品です。整備されたキャンプサイトでも、いざ寝てみると地面の凹凸や石などの感触は気になります。でも、インフレータブルマットを敷くと寝心地が格段に良くなります。収納もコンパクトで、バルブを開けば自動的に膨張するので手間も掛かりません。

→「Hilander(ハイランダー) キャンプ用スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 5.0cm ブラウン シングル UK-2」の商品ページはこちら

 

 

 

 

 

【LEDランタン】

 

初心者 おすすめ アウトドア ランタン LEDランタン

キャンプでは、メインランタンサブランタンなど、複数のランタンを使用することになります。中でもメインランタンはサイト全体を照らすものなので、ある程度の明るさが必要になります。ガスランタンがメジャーですが、最近はLEDランタンにもメインとなり得るものが増えてきました。LEDランタンはガスに比べ安全性が高く、手入れなどの手間も掛かりません。メインとして使う場合は1000ルーメン程度を目安にすると良いと思います。Colemanのクアッドマルチパネルランタンは、最大800ルーメン。4つのパネルが取り外せ、それぞれ独立したランタンとして使うことができます。メインランタンとしてもサブランタンとしても、懐中電灯としても活用できます。

→「Coleman(コールマン) ランタン クアッドマルチパネルランタン 2000031270」の商品ページはこちら

 

 

【頑丈収納ボックス】

初心者 おすすめ アウトドア ボックス 頑丈収納ボックス
キャンプの小物を収納するにはボックスやコンテナがあると便利です。中でも、無印良品の頑丈収納ボックスはシンプルなデザインと蓋の耐荷重が100kgという機能から、キャンパーの中でも話題のアイテムです。無造作に置いてもサマになりますし、簡単な腰掛けや物置台としても利用できます。

→「ポリプロピレン頑丈収納ボックス・大 約幅60.5×奥行39×高さ37cm」の商品ページはこちら

 

 

 

いかがでしたか?

キャンプを始めたいけど何から揃えたら良いか分からない!という方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

参考になったと思ったらシェアよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク
error: Content is protected !!